2014年9月8日月曜日

海外発行小切手の換金

 そう頻繁にあることではないですが、ごくごくたまに海外で発行された小切手(check)を手に余らせることがあります。どうしたらいいの~~、と。

 5年も前には定番と言える業者がいくつかあったんですが、気づけば以前知っていた業者はみな廃業されている様子。

 かるくググった感じではチェックチェンジャーという業者がアメリカの銀行発行の小切手のみを扱っている様子。
 でも条件がいくつかあって、換金までの期限が30日以上残っていることにひっかかってしまい、今回は使えませんでした。今後試してみよう。

参考:
チェックチェンジャー

 仕方なく三井住友銀行へ。
 実は銀行ではシティバンクや一部地方銀行に手数料の良心的なところがあるようですが、基本的にその銀行に口座を持っている必要があり、シティバンク等、一部の銀行は口座維持費がかかる。
 維持費が無料になる条件を満たすためにメインバンクを移したりクレジットカードを作ったりするのも面倒なので、自分が口座を持っている銀行へ行きました。

 手持ちの小切手の換金期限があと20日しかなかったので断られるかと思ったけど、特にとがめられることはありませんでした。


  • キャッシュカードか通帳(口座番号が確認できるもの)
  • 銀行印
  • 身分証明書(免許証、保険証等)


 ちなみに、"換金"というと銀行に持っていった小切手の額面金額から手数料を引いた金額を渡してくれるようなイメージを持たれてしまうかもしれませんが、実際には取り立ての代行をしてくれます。なので面倒な手続きの代行料、小切手の郵送料、銀行間の手続きにかかる手数料等がかかり、実際に取り立てが行われた後にこの金額が差し引かれて自分の口座に振り込まれる、と。(1か月程度?2銀行の対応次第なので、この辺りはマチマチと思われます。)
 合計の手数料としてはなんだかんだで小切手1枚4~5千円になるのではないでしょうか。

 取立代行を行う業者はどうしても信用的に不安ですが、手数料が半額程度で安いことと換金までの期間が短いことが大きなメリットです。少額の小切手では銀行の手数料の方が高くなるケースもあるので、発行された小切手を私のように放置せずすぐに業者へ依頼するのが良いと思います。

2014年9月2日火曜日

キュレーション

 私はカタカナの業界用語が嫌い。最近は吟味されてようやく用語になるのではなくて、英語話している奴らが和訳しづらい単語をそのまま使ってきたり、海外メーカーが世界で表現を統一させるためにわざと各国語に訳さなかったりする。

 ビジネス・IT用語なんてほぼそんな気持ち悪いものばかりなんだけど、最近ではキュレーション(curation)。情報を収集し、贅肉を削ぎ落として再構築するようなこと。例えばキュレーションサイトなんてのは、ネット上の情報を収集していいとこどりして記事をまとめてアクセス数や広告収入を稼ぐ、他人のふんどしで相撲を取る言っちゃえば手法としては最低なサイト。(実際には面白かったりするけど、手法として。)
 基本的にはキュレーションって言葉、開発者が使うものだと思うんだけど、サイトのタイトルや説明に結構使われている。ごくごく一般のユーザーにとってはピンとこないと思うんだけど、どうなの?
 でも、こういう用語を無駄に使いたがる輩は多いですね。

 丁寧に日本語で説明して欲しいよ。

 自分ももちろん使うんだけど、違和感だらけの毎日。

2014年8月31日日曜日

スマート カードのデバイス ID を取得できませんでした。

  Windows8.1のイベントビューアーにSCPNP、イベントID:1000というエラーがスリープ復帰後等に発生していて、システムの動作に影響なさそうなのでとりあえずエラーを止めた。
- System
  - Provider
   [ Name]  Microsoft-Windows-SCPNP
   [ Guid]  {9F650C63-9409-453C-A652-83D7185A2E83}

   EventID 1000

   Version 0

   Level 2

   Task 0

   Opcode 0

   Keywords 0x8000000000000000

  - TimeCreated
   [ SystemTime]  2014-08-29T04:12:42.949118500Z

   EventRecordID 9958

   Correlation

  - Execution
   [ ProcessID]  956
   [ ThreadID]  1312

   Channel System

   Computer 1F-TV

  - Security
   [ UserID]  S-1-5-18

- EventData
  ReaderName Gemplus USB Smart Card Reader 0
  ErrorCode 2148532255 

この適当な対処方法を他人に見せるのもどうかと思うけど、自分用のメモ。下記レジストリキーの値を0から1に変える。
(キーの場所は上記のエラーのGuidをregedit内で検索する。)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\WMI\Autologger\EventLog-System\{9f650c63-9409-453c-a652-83d7185a2e83}
"EnableLevel"=dword:00000001

 以上。

2014年8月22日金曜日

pluckメソッド

 あるカラムのデータを配列として扱うにはpluckが便利だから使え、と言われた。
 複数カラムから2次元的な配列としても取り出せる。flattenすれば1元配列として扱えて、今回はこれを使うかも。

[57] pry(main)> Prize.pluck(:grade, :sales_quantity).first(10)
   (10.2ms)  SELECT "prizes"."grade", "prizes"."sales_quantity" FROM "prizes"
=> [[1, 1], [2, 9], [3, 118], [4, 5961], [5, 99657], [6, 179019], [1, 6], [2, 66], [3, 1719], [4, 48235]]
[58] pry(main)> Prize.pluck(:grade, :sales_quantity).first(10).flatten
   (10.3ms)  SELECT "prizes"."grade", "prizes"."sales_quantity" FROM "prizes"
=> [1, 1, 2, 9, 3, 118, 4, 5961, 5, 99657, 6, 179019, 1, 6, 2, 66, 3, 1719, 4, 48235]
[59] pry(main)> a = Prize.pluck(:grade, :sales_quantity).first(10)
   (10.5ms)  SELECT "prizes"."grade", "prizes"."sales_quantity" FROM "prizes"
=> [[1, 1], [2, 9], [3, 118], [4, 5961], [5, 99657], [6, 179019], [1, 6], [2, 66], [3, 1719], [4, 48235]]
[60] pry(main)> a[1]
=> [2, 9]
[61] pry(main)> a[1][1]
=> 9

zipメソッド

 とりあえずメモだけ。配列を2次元化できる?
 統計とかとるときに使えるかな?
[1] pry(main)> a=[1,2,3]
=> [1, 2, 3]
[2] pry(main)> b=[3,4,5]
=> [3, 4, 5]
[3] pry(main)> c=[5,6,7]
=> [5, 6, 7]
[4] pry(main)> a.zip(b)
=> [[1, 3], [2, 4], [3, 5]]
[5] pry(main)> a.zip(b.zip(c))
=> [[1, [3, 5]], [2, [4, 6]], [3, [5, 7]]]
[6] pry(main)> a.zip(b.zip, c.zip)
=> [[1, [3], [5]], [2, [4], [6]], [3, [5], [7]]]
[7] pry(main)> a.zip(b.zip, c.zip).flatten
=> [1, 3, 5, 2, 4, 6, 3, 5, 7]
[8] pry(main)> a.zip(b.zip, c.zip)
=> [[1, [3], [5]], [2, [4], [6]], [3, [5], [7]]]
[9] pry(main)> a.zip(b.zip.flatten, c.zip)
=> [[1, 3, [5]], [2, 4, [6]], [3, 5, [7]]]
[10] pry(main)> a.zip(b.zip.flatten, c.zip.flatten)
=> [[1, 3, 5], [2, 4, 6], [3, 5, 7]]
[11] pry(main)> d=a.zip(b.zip.flatten, c.zip.flatten)
=> [[1, 3, 5], [2, 4, 6], [3, 5, 7]]
[12] pry(main)> d[1]
=> [2, 4, 6]
[13] pry(main)> d[1][1]
=> 4
[14] pry(main)> d[0][0]
=> 1
[15] pry(main)> d[0][2]
=> 5
[16] pry(main)> d[0][1]
=> 3