2014年12月19日金曜日

複式簿記にトライ

 「超かんたん簿記入門」という本を読んで要点を適当に書いておこうと思う。

  • 売上より儲けが大事
  • 利益は1年を1単位として計算する
  • お金の出入りだけでは儲けは計算できない
  • 利益の計算方法は2種類ある
  • 複式簿記の流れを知る

  • 一般的な取引と簿記の取引では意味合いが異なる場合がある
  • 決算書の目的は、利益の要因と財産状態を知るため
  • 貸借対照表はある時点での財産の使い道を表す

  • 損益計算書はどのように利益を上げたかを示す

  • 複式簿記で使われる区分

  • 借方(出ていくお金)=貸方(入ってくるお金)
  • 借方、貸方は同事業者内であってもお金を使う人(営業等、借方)、お金を用意する人(出資者等、貸方)がいると考えれば理解しやすい
  • 資産:現金等、自分が利用できる資産
  • 負債:借入金等、将来返さなければならない債務
  • 純資産(資本):出資者の持ち分
  • 収益:売上等、財産が増加した原因
  • 費用:仕入等、財産が減少した原因
  • 取引のパターン

 とりあえず複式簿記の借方、貸方の雰囲気だけ…。

MOS Excel 2013 Expert part2 合格

 MOSのExcel 2013 Expert part2とやらを受けてきて、結構ぎりぎりで合格できました。いや、本当に危なかった。

 いくつか本気で操作のわからない問題があって、テスト中はヘルプが使えないのでメニューボタンを舐めるように確認してその場対応して切り抜けました。

簿記

 仕事や副業のために簿記のなんたるかを勉強することにしました。
 折角なので勉強が進んだらまた資格でも取ってみようかと思います。

 手元にはなんの参考書もなく、まずは図書館で適当に借りたものを一読したいと思います。
 要点、書きだそう。

2014年12月8日月曜日

MOS Excel 2013 Expert part2 出題範囲

 とりあえずこの辺らしい。
 できそうな雰囲気のやつは打消し線を入れてみた。


  • ブックの管理と共有
  • 複数のブックを管理する
  • 既存のテンプレートを変更する
  • 複数のブックを結合する
  • ブックのバージョンを管理する
  • テンプレートからテンプレートにスタイルをコピーする
  • ブックからブックにマクロをコピーする
  • 外部データを取り込む、リンクする
  • 校閲用にブックを準備する
  • 変更履歴のオプションを設定する
  • 変更者を制限する
  • 作業状態ファイル(*.xlw)を開く
  • 編集を制限する
  • 再計算を制御する
  • ワークシートの構成を保護する
  • 最終版にする
  • ブックのプロパティや個人情報を削除する
  • パスワードでブックを暗号化する
  • ユーザー設定の書式やレイアウトの適用
  • ユーザー定義の表示形式をデータに適用する
  • ユーザー定義の表示形式を作成する(数値、時刻、日付)
  • ユーザー定義の会計書式を作成する
  • 連続データの詳細オプションを使用する
  • ユーザー設定のスタイルやテンプレートを適用する
  • ユーザー設定の色を作成する
  • セルのスタイルを作成する、変更する
  • ユーザー設定のテンプレートを作成する、変更する
  • フォームフィールドを作成する
  • 高度な機能を使用した数式の作成
  • 数式に関数を適用する
  • ほかの関数と組み合わせて IF 関数を使用する
  • AND、OR 関数を使用する
  • 関数をネストする
  • SUMIFS、AVERAGEIFS、COUNTIFS 関数を使用する
  • シナリオを作成する
  • ウォッチウィンドウを使用する
  • データを統合する
  • 反復計算を有効にする
  • ゴールシークを含む What-If 分析ツールを使用する
  • シナリオの登録と管理を使用する
  • 財務関数を使用する
  • 高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
  • ピボットグラフを作成する、管理する
  • 新しいピボットグラフを作成する
  • 既存のピボットグラフのオプションを操作する
  • ピボットグラフにスタイルを適用する



2014年12月5日金曜日

MOS Excel 2013 Expert Part1 合格

 Specialistの勉強に使ったテキストをそのまま繰り返して、Expert Part1の試験を受けてきました。
 結果は、925点で合格できました。

 今回ちょっと気づいたことがあって、試験前に読んだ注意事項に入力に使うカッコ()は半角を使いなさいと書いてあった。毎回必ずそうとは限らないかもしれないけれど、注意事項は適当に読み飛ばさない方が良さそうです。前回実はこの辺で減点されていたかもしれないと思ったり。


よくわかるMicrosoft Excel 2013ドリル (FOM出版のみどりの本)

 難易度的にはこの問題集の後半と同レベル、ラスト10lessonくらいと比較すれば結構優しいかな、というところと感じました。

 家に帰って早速Part2の試験の申し込みをしました。