2015年3月2日月曜日

決算

 経営の状態を明らかにする手続きを決算と言う。

  • 決算 記録・帳簿の整理して貸借対照表と損益計算書を作る
  • 決算手続きには、決算予備手続→決算本手続→財務諸表の作成が含まれる
  • 決算予備手続 試算表の作成
  • 決算本手続 元帳締切~仕訳帳締切~繰越試算表の作成
  • 財務諸表の作成 損益計算書・貸借対照表の作成



 試算表作成のメリットは、仕訳帳から元帳への転記が正しく行われたか確認できることと、各勘定の状況を把握して決算手続きを円滑にするためにある。
 複式簿記の借方と貸方の金額が常に一致する貸借平均の原理により、計算や記入ミスを発見することができる。(週一、月一で行うと決算が楽になる。)

 試算表には3種類ある。

  • 合計試算表 各勘定口座の貸方合計と借方合計を集めて作成する
  • 残高試算表 各勘定口座の残高を集めて作成する
  • 合計残高試算表 上の二つを合わせた方法

2015年2月27日金曜日

仕訳帳と元帳


  • 仕訳帳 取引を日付順に記入する帳簿
  • 総勘定元帳(元帳) 仕訳帳を転記してまとめたもの(標準式、残高式がある)
  • 上記二つが主要簿と呼ばれる
  • 補助簿 補助記入帳と補助元帳


 総勘定元帳に転記するなら仕訳帳っていらないんじゃないの?と今ふと思ったりするけど、なんか理由あるんだよね。読み進めよう。

 帳簿への一般的な記入手順。
 基本は取引→仕訳→元帳という流れのようだけど、特定の勘定だけ補助簿にも並行して記録していく。


 んで、実際の仕訳帳への記入は以下のようになると。

  • 摘要欄にカッコをつけて勘定科目を書く
  • 一つの取引に複数の科目が入る場合は最初の行に諸口と書く
  • 小書き(こがき・取引の説明)を書く
  • 元丁(もとちょう)には総勘定元帳で該当するページ数を書く

 ん、こんな悠長に画像なんか貼り付けていたら全然終わらない。もうちょっとメモ程度にしよう。一杯演習こなすことが肝心だよね。多分。

 次に仕訳帳から総勘定元帳への転記。
ちなみにこれは標準式。残高式というのもあって、取引ごとにその時点での残高が常にわかる利点があるそうな。こっちの方がいいね。(でも標準式の方が見やすいのかな。)
 まぁ、どっちにしたって現場ではパソコンでやってるんだよね…。

2015年2月25日水曜日

仕訳と転記

 前にも図を作ったけど、仕訳(勘定への振り分け)について。

  • 資産 増加→借方 減少→貸方
  • 負債 減少→借方 増加→貸方
  • 資本 減少→借方 増加→貸方
  • 収益 →貸方
  • 費用 →借方


 簿記では取引を全て記録していく。が、直接お金の絡まない契約等は簿記上では取引として扱わない。
 一般に取引ではなくとも、災害で資産に損失が出た場合には取引として記録する。

 仕訳の後、勘定へ転記する。

 仕訳の借方科目に対する相手勘定科目が複数ある場合には諸口として記入する。

2015年2月24日火曜日

簿記の意義としくみ

 まぁ、意義とかはいいよ。要するに複式簿記だとお金の流れがつかめるわけでしょ。あと青色申告ができる。

  • 簿記 財産管理や利害関係者の意思決定に不可欠
  • 貸借対照表 ある瞬間のお金の状態。自由なお金があるのか?赤字なのか?
  • 損益計算書 ある一定期間の経営成績


  • 会計期間 期首~期末
  • 資産-負債=資本
  • 収益-費用=当期純利益(損益法)
  • 期末資本-期首資本=当期純利益(財産法) ※上と同じ金額になる


検定簿記講義をテキストにしよう

 図書館で2冊ほど超の付く簿記の入門書を斜め読みしたので、試験対策になるテキストを買ってきました。
 安くて評価高いやつ。いや、本当に安い。


 これに沿って頑張る。